初期作ギルティギアを知る

初代は純粋な格闘ゲーム

純粋な続編として作られたものの、システムがあまりに違いすぎたこともあって、基本的な感想がバッシングとなってしまったことに開発陣としても心苦しかったのかもしれません。このRTSシステム対応のギルティギアシリーズは今作限定となり、後に発売されたシリーズからは従来の格闘対戦ゲームへと回帰して新作を発表し続けている。こちらの方が圧倒的に人気と評価も高いため、あまり斬新すぎる改革が良い方向へと動き出すわけではない。そう舵取りをしたいというなら、きちんと補足説明がなされているかどうかが肝心だ。

オンリーワンとしては良かったものの、結局戻ってしまったが人気は根強いところを見ると、ギルティギアに対して求めていたのは格闘ゲームとしての楽しさだったのでしょう。それは初期作で獲得した人気もまた少なからず関係している。

ではOvertureの前作といえる立場にある作品で、コンシューマーゲームとして最初誕生した『ギルティギア』の初期作は1998年に発売された。この頃には現在まで国民的人気作品と言っても良い格闘ゲームが登場していたこともあって、発破された当初はそれほど話題を集めたわけではありません。購入してプレイした人たちからの感想が口コミとなり、少しずつではあるものの広がっていったことで人気を得て行った。

ただ初期作は初期作でそれなりに問題を抱えていたため、やはり慣れない人にはトコトン向いていなかったと思わしめる作品性とも言われています。

独特の世界観に惹かれた

少しずつ人気を獲得していったその背景には、ギルティギアという作品の世界観が対戦格闘ゲームでありながら、かなり異色の内容となっているのが関係していた。SFとファンタジーが入り混じったような世界の中で活躍するキャラクター、更にゲームを盛り上げるためのド派手なBGMやエフェクトといったゲームシステムだったのです。他にも発売されている格闘ゲームはあったものの、競合作品と比べてもこれほど実験的なものはないと言わしめるほどだったとも言われているので、興味深いとして多くのユーザーが虜にされていった。

中でもユーザーがこれは凄いと思わず魅了されたシステムが、『成功すれば有無をいわさずに相手の体力を0にする殺界システム』の存在が大きい。

殺界システムにハマる人、続出

格闘ゲームの醍醐味といえば、やはり高難易度のコマンドを入力して成功する超強力な必殺技がきちんと発動した瞬間を見る点のはず。筆者はこのコマンド入力がどうしても簡易的なものしか入力できなかったため、格闘ゲームに対しての苦手意識を払拭することが出来ませんでした。それはこのギルティギアにしても同様ですが、そんな難解なコマンド入力とタイミングが成功すれば相手を倒せるというシステムはやはり凄い。殺界システムを作ったことで、ギルティギアにはこんな楽しみもあるんだと思わせる起因へと繋がっていきます。

また殺界システム以外にも、

チャージキャンセル

ダッシュ慣性付加攻撃

ゲージを消費して行動を強制的にキャンセルするロマンキャンセル

といったシステムの搭載が話題を呼び、コンシューマーゲームとして誕生しながらもアーケードゲームへと流れるという少し変わった展開を見せている。

アーケード進出後も

Overtureの登場はギルティギアシリーズに良くも悪くも影響を及ぼしたものになる。けれど新シリーズが発売されるまでの間、プロジェクトそのものが動くことはなかったが、一定の人気を得ていたため、例え音沙汰がなくてもアーケードにおいても高い人気を獲得していた。そのため多くのゲームセンターで定番ゲームとして常時設置されているなど、シリーズの人気が確かなものだということを押し上げたと言っても良い。

ちなみにアーケードでもコンシューマーのような過激なシステムが活用できるので、一気に場を覆す秘儀としてユーザーたちが活用した。

やっぱり原点が良かった

RTSシステムの導入によってこれまでにないジャンルを開拓すること自体は成功だった、けれどそれは同時にユーザーにしてみればどうしてそんな路線へ進む必要があったのかと、そう疑問を感じさせる材料になってしまったのです。コアなユーザーにとってはOvertureは数年の間親しまれ続けていましたが、その後新シリーズとしてリリースされた作品は格闘ゲーム業界へと返り咲いている。

つまりだ、強豪ひしめく中でも高い人気を初代から既に獲得していたことを意味しており、余計なことをしなければギルティギアシリーズを長く発売することが出来たのではないかとも考えられる。開発側にすれば挑戦だったが、ユーザーはどうしてこうなったと叫びたくなることこの上なかったようだ。